査定士がみる車査定のポイントとは?

査定士がみる車査定のポイントとは?

自動車査定では、査定士がすべてのチェックを行ないます。
それぞれに順番があるといわれ、最初に外周一巡をチェックします。

 

例えば、全体の見た目印象をみて、次にナンバープレートをチェックしたりします。
その次に、車内の部分チェックです。

 

査定前に細かい部分まで事前に掃除しておくことは、査定を上げるコツでもあるので忘れないようにしてくださいね。

 

査定士は、まず運転席周りをチェックし走行距離数も記録します。

 

また、装備品認や内装の状態では、どのようになっているか確認します。

 

たとえばハンドルを替えたり、ドリンクホルダーなどを取り付けていたり、内装を自分の好きなように変えてある場合は、査定アップのコツとして、買った時の状態に戻しておくことが良いですよ。

 

 

 

 

そして自動車検査証や保険証などを確認します。

 

自動車査定は、必ず必要となりますので書類は忘れずに積んでおきましょう。

 

またエンジンルームを確認したりネームプレートを確認したり、クルマ体番号なども記録します。

 

その他にも、キズなどの修復歴や純正部品を交換したことがあるかなど、その有無を確認します。

 

オプションで新たに装備したものなど無いかを確認します。
当然ながら、ここでは純正のものが、そのまま付いている状態であればあるほど好ましいです。

 

たとえば持ち主の意向で純正ではないものに変わっていたり、改造したりした形跡のある場合、自動車査定においてはマイナスです。

 

本人は良いと思ってつけてあるものであっても他人が見たらどう思うのかを考えることが重要です。

 

また査定前には、取り替えた部品などで戻せるのであれば、最初の状態に戻しておくことが高く査定してもらうポイントとなるでしょう。