車の査定でプラス査定となる部分とは?

車の査定でプラス査定となる部分とは?

 

 

車査定される場所を知ることは重要ですね。

 

例えば、自動車査定を行なう場所のポイントとして、前部や下回り、またフロントガラスを確認します。

 

また、細かい部分では、側面の外板やビラー、下回り、後部の外板などもチェックします。

 

そしてトランクルームの中や下回り、ルーフパネルなどそれぞれのガラスをチェックします。

 

外装、内装の標準状態は、基本的にキズがない状態であることと設定されています。
ですから、凹み、大きなキズなどあるとマイナス査定となるでしょう。

 

ですが、通常使用で自然と付いてしまう部分のドア周囲のキズや、鍵穴周辺の小さい傷などは、あまりマイナスにならないことが多いです。

 

自分でペン塗料などを使って修復しようと考えやってしまうと、逆に、目立つ場合が多いです。
そんなときは無理に修復しないことがプラス査定になるコツだと言えるでしょう。

 

 

車の本体、外装や内装や電装・エンジン・足回りなど、標準状態と比べて良ければプラス査定となり、悪ければマイナス査定になります。

 

それから、装備品や商品価値としてのタイヤ・走行距離や車検の残り・自賠責の残り・修復した形跡なども考慮されます。

 

電装や修復歴は、ほとんどプラスポイントにはなりません。
マイナスになるような状況かどうかにチェックが入るだけです。

 

また、車検の残り期間や自賠責の残り期間は反対に少なくても、あまりマイナスになることはなく長ければプラス査定になります。

 

自動車査定に出すときのコツは、車検が少しでも多く残っていたほうが良いと言われていますよね。

 

査定と関係しているというより、車検が残っていると業者は自分でクルマ検に出さずに済みますのでプラス査定になるということでしょう。